10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次男だって考えてるよ

義母さんは次男の顔を見ると 「あんた身長180はある?

もうお父さん超えてる?」と問う。。。

「ない。まだ父さん超えてない」と答えてくれる。

でもこれが毎日。。それも会う時間帯って夜。。。

次男もクラブで疲れて帰ってきてるから

会ってる間に何回も聞かれると さずがに答え方もだんだん

強くなってきて。。。小声で「もううざい。。」と。。。

その気持ちは十分わかる。

でも聞こえてしまった義妹から 「あんたも行く道やで!」と。。。

でもね。。。自分の息子だからって言い訳するつもりはないけど。。


義母さんの変わり様を ずっと見てきたのは まだ中学生だった次男

まだ義妹や義父さんが認知症を認めたくない時も

同じ話を2時間もする義母の相手をしてくれていたのは次男。。。

私が仕事から帰ってきたら「おかあさん 帰ってきてくれてありがとう」

って言うから 「どうしたん?」って聞くと

「おかあさんが帰ってきてくれたからお婆ちゃんが僕から離れて

おかあさんの方に行ってくれた。。」とため息ついて言った事もある。

「相手になってくれてたん?ありがとうなぁ~」と言うと

嬉しそうに笑ってた。

その頃 同じ話をすると義妹や義父さんは

「もう聞いた」とか「何回も言うな」とか言って怒ってたんだよ。

そんな次男だから 今「うざい」って言っても本心じゃない事

わかってやって欲しいんだけど。。。


義妹に言おうと思ったけど 義妹だって 今いろんな事を

取り戻そうと頑張ってるんだから 昔の話を掘り返した所で

気を悪くしてもねぇ~

みんな 義母さんに対する思いは 色んな形があるんだから。。。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 認知症の介護
genre : 福祉・ボランティア

次男さん お祖母ちゃんの相手を嫌がらず、相手を否定せずに聞いて差し上げる 優しいお気持ちに救われますね♪ 普通 今の若い方々の多くは「うざい」と言い残しその場を立ち去るのが普通の時代のように思います。 これは常日頃母親がお義母さんに対しての 後ろ姿を見て成長なさっている次男さんの 『おかあさん』へのさりげない思いやりだと思います。認知症になると 配偶者・子供は 認めたくない・何とか治したいと訂正や説教をしてしまい悪循環に陥りやすいでしょう。お義母さんもとかく孫に対しては素直に接していく場合が多いと思います。次男さんに感謝の気持ちを伝えながら 介護に協力をして頂ける関係が続くことが良いですね♪

孫だって・・・

子供たちは子供なりに感じて考えて接してくれているんですよね。
頭が下がる思いのときあります。
私自身は身近に年寄りと接する機会がなく大人になったので
今の現実は初めての経験で戸惑うことばかり。
でも、子供たちはこの経験を生かして生きていくんだろうなぁ~~と思います。

ナースSさん♪

子供が義母さんに対して何も言わず受け止めていけるのも 今まで流れを見てきてるからだと思うんです。認知症というよりお年寄りをいたわる気持ちという感じで。。その延長線上に認知症があっただけなんです。
その気持ちは年寄りと一緒に暮らしていたからこそ生まれてきた気持ちだろうから
これからも持ち続けて欲しいと願っています。
大きくなったからってなくなっていく気持ちじゃないですよねぇ~?
ナースsさんのおっしゃる通り これからは介護に協力してもらうという形にしていきたいと思います。
ありがとうございます。

なぁなママさん♪

実家の母に「あんたんちの子はみんな優しい。これは年寄りと一緒に住んでるからよ。凄い財産よ」と言われた事があります。
確かにいい経験をさせてもらってると思います。
希薄な人間関係の世の中で 濃厚な人間関係の中にいるんですからねぇ。
私も同じくらいの年頃の事を考えると 考えられないくらい良くしてくれてます。
それだけでも頭が下がります<(_ _)>
Secret

プロフィール

humiyan

Author:humiyan
介護を嘆いていても始まらない
笑って♪笑って♪
そしたら笑ってくれるから❤

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。